2017年11月02日

『Project Spark』が10月5日より完全無料に!

2014年10月にXbox One/Windows 8.1向けにリリースされたクリエイティブゲーム『Project Spark』ですが、ほぼ一周年となる10月5日に最大規模のアップデートを実施すると公式ブログにて発表されました。また、アップデートに伴い販売モデルがFree-to-Playから完全無料となり、新規および既存の有料DLCは自動的にアンロックされるとのことです。

完全無料への移行により、2015年7月28日以降に本作のデジタルコンテンツを購入、2015年7月28日以降にリテールディスク版を購入してプロダクトキーをアクティベート、そして購入したゲーム内トークンの残高が残っているプレイヤーには、同額分のMicrosoft Storeクレジットが提供されます。クレジットの提供は10月5日以降、30~60日以内に自動的に実施。詳細が気になる方は公式フォーラムのFAQもご確認ください。

アップデートの主な変更は以下の通り。なお、本作のDLC計画は本日配信のコンテンツパックで終了となり、「Conker's Big Reunion」のさらなるエピソードを含む追加コンテンツはもはや制作されないそうです。  

Posted by mikadzuki at 16:38Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年10月23日

GOD EATER3

バンダイナムコは打撃と射撃を切り替えながら強敵を倒していくハイスピードアクション「ゴッドイーター」シリーズの最新作、『GOD EATER3』の新情報を公開しました。

本作の主人公は二刀流の神機を持った、少年。両腕を拘束している腕輪や、フェンリルのエンブレムが砕けてしまったマントなど、これまでの主人公とはまた異なる雰囲気を醸し出しています。  

Posted by mikadzuki at 17:53Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年10月15日

映画「デッドプール」マーベル史上最も“イラつく”?

『X-MEN』シリーズのスピンオフ作品として、ライアン・レイノルズがマーベル史上最も規格外で無責任なヒーローを演じる『デッドプール』。このほど、全米で並み居る人気作を抑えて興行ランキングV2を達成した本作の日本公開日が、6月3日(金)に決定! 併せて、ヒーローとは思えない“おふざけ感”満載で、微妙に“イラつく”ティザーポスターが解禁となった。

突然、末期がんを宣告された元特殊部隊員の傭兵ウェイド・ウイルソン(ライアン・レイノルズ)。彼は、悲惨な人体実験の被験者となったために、驚異的な治癒能力を手に入れる。自らをデッドプールと名乗るようになった彼は、自身を実験台にし人生を滅茶苦茶にした男に復讐を果たすことを決意する――。

本作は、世界のためでも、人類のためでもなく、自分のためだけに闘う、マーベル史上、最も無責任で自己中心的なアンチヒーローが主人公。『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』にも登場したデッドプールが、いかにして不死の体となり、超絶な戦闘能力を持つに至ったかを描く誕生のストーリーとなっている。

全米の初週週末興行成績は、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(’05)の持つ記録を越えて20世紀FOX映画史上最高のオープニング成績となり、全世界でもロケットスタート! しかも、R指定作品としても『テッド』や『キングスマン』のオープニング成績も飛び越え歴代1位。2週目も興行成績250,285,148ドル(Boxofficemojo調べ)を記録し、V2を達成している。

そんな本作からこのたび解禁となったのは、ジョーク大好きなデッドプールのキャラクターの魅力があふれる日本版ポスター。「呼んだ?」と振り返る彼は、おなじみ赤いスーツ姿で腰には銃、背中には日本刀。しかし、そのポージングは、なぜかヒーローらしからぬお茶目さ。背負っているのは、中にどんな危ないモノが詰まっているのか、ピンクラインに水玉模様の可愛らしいリュック。「クソ無責任ヒーローですけど、何か?」というキャッチフレーズも光っている。

また、その裏面には、セーター姿でほっこりするデッドプールの姿が。赤いマスクをかぶった彼の、唯一の感情表現ともいえるその目は笑顔を感じさせているが、「一応ヒーローやってます」という投げやりなコピーも相まって、何となくイラッとするのは気のせい…? 

さらに現在、デットプールこと“俺ちゃん”宛のファンレターを募集中で、「そもそも俺のこと知らない? そんな困ったちゃんはHPをチェック!」とのふざけたメッセージも描かれている。高い戦闘力とダーク・ユーモアを交えつつ、軽口を叩きながら次々と敵を倒していくデッドプール。誰もが思い描く“ヒーロー像”を破壊するアンチヒーローに、引き続き注目していて。
  

Posted by mikadzuki at 21:21Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年10月04日

海外PS4版『Fallout 4』

Bethesda SoftworksのPR/マーケティング部門VP・Pate Hines氏より、PS4版『Fallout 4』に実装予定とされている公式Modサポートの対応状況が報告されています。

先月末には海外向けPS4版Mod対応のベータテスト延期が伝えられていた『Fallout 4』ですが、Hines氏は新たなツイートで改めて現状を報告。BethesdaはSIEとPS4版『Fallout 4』Modサポート対応に向けて現在も取り組んでおり、依然として承認審査の段階にあるのこと。今後新情報があれば速やかに共有していく方針です。

このツイートは海外ファンの反応を受けて投稿されたものと考えられており、7月24日には業を煮やしたとも感じられるツイートがHines氏に向けて寄せられていました。「あなたの地位が危うくなろうとPS4版Mod情報を明かして欲しい」とまで述べるこのリプライに対し、同氏はディテールに関する言及を避けています。

コンソール版『Fallout 4』のMod対応は昨年のE3 2015を通して発表され、現在はXbox One版において正式サポート中。PC版ではBethesda.netを通した新たな形式のもとに、対応がスタートしていました。  

Posted by mikadzuki at 20:25Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年09月18日

ハイファンタジーRPG続編『シャドウ・オブ・ウォー』

ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントは、アクションRPG『シャドウ・オブ・モルドール(Shadow of Mordor)』の続編作品となる『シャドウ・オブ・ウォー(Shadow of War)』を国内向けに2017年夏より発売するとアナウンスしました。

今作は『シャドウ・オブ・モルドール』に続く、「中つ国」を舞台にしながらダークな世界観を描くハイファンタジーアクションRPG。プレイヤーは前作にも登場した「タリオン」、そして力の指輪を製作した「ケレブリンボール」を操りながら敵軍に侵入して軍を鍛え上げ、冥王サウロンに立ち向かいます。今作では多くのファンから好評を博した「ネメシス・システム」が拡張され、プレイヤーを取り巻く環境やキャラクターがインタラクティブに形成されていきます。  

Posted by mikadzuki at 19:10Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年08月31日

「MIKU DANCING FES.」

アドビは、「初音ミク」の10周年お祝いムービーを公開しました。

このムービーは、ボーカロイド「初音ミク」のソフトウェア発売10周年を記念して公開されたものです。「MIKU DANCING FES.」にて投稿された615件ものイラストを1本にまとめた豪華な映像となっており、中には著名なイラストレーターも参加しています。

音楽は昨年度の「アドビ×初音ミク」コラボレーションのために、ボカロPの八王子Pによって描き下ろされた「創造テレパシーfeat.初音ミク」が使用。「初音ミク」と出会い、創作活動の楽しさを知ったユーザーから「初音ミク」への感謝とお祝いの気持ちが詰まったムービーとなっています。  

Posted by mikadzuki at 17:35Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年08月26日

【GC 2017】『アサシン クリード』と『FFXV』

Ubisoftは、人気ステルスアクションシリーズ『Assassin's Creed』とスクウェア・エニックスのRPG『FINAL FANTASY XV』とのコラボレーションを海外向けに発表しました。



このコラボレーションでは『FINAL FANTASY XV』にて特別なイベントが実施されます。まずは8月30日にモグチョコカーニバルでドリームエッグを手に入れたプレイヤーにノクティス用のアサシンコスチュームが提供。そして翌日の31日には無料の「Assassin's Festival」DLCが配信され、レスタルムの街がイベント仕様になる他、さらなるアサシンコスチュームやお馴染みのアサシン能力が利用できます。


ちなみに計画は3年前の東京ゲームショウで行われた非公式の会合から始まったとのことで、そのヒントは2016年に公開された『FINAL FANTASY XV』のインスパイア映像「オーメン」、2017年公開の『Assassin's Creed Origins』発表トレイラーおよびgamescomトレイラーにも隠されていたそうです。筆者が確認したところ、それらしき部分を2つ発見できました。

『FINAL FANTASY XV』の「オーメン」

『Assassin's Creed Origins』のgamescomトレイラー



  

Posted by mikadzuki at 16:11Comments(0)TrackBack(0)ゲームニュース

2017年08月23日

「レインボーシックス シージ」

ユービーアイソフトは本日(2017年8月23日),「レインボーシックス シージ」(PC / PS4 / Xbox One)に関して,無料アップデートの“オペレーション ブラッドオーキッド”を9月5日の23:00ごろに配信すると発表した。

レインボーシックス シージ

 このアップデートでは,香港特殊警察・S.D.U.の2名とポーランド特殊部隊・GROMの1名のほか,新たなマップやウェポンスキンなどが追加される。なお,シーズンパスの購入者は配信開始と同時にプレイできるが,それ以外のプレイヤーは9月12日以降に名声ポイントとR6クレジットを消費して入手する必要がある。

 また,“オペレーション ブラッドオーキッド”の追加を記念し,8月25日~28日23:00の期間,無料トライアルが実施される。PlayStation Storeでは,同期間中にディスカウントセールが行われる。  

Posted by mikadzuki at 13:07Comments(0)TrackBack(0)

2017年03月11日

「Fate/Grand Order」

 2015年7月30日(iOS版は8月12日)にサービスを開始したスマートフォン向けRPG「Fate/Grand Order」(iOS / Android。以下,FGO)。TYPE-MOONとディライトワークスによって開発された本作の第1部が,2016年12月22日に公開された「終局特異点 冠位時間神殿 ソロモン」をもって完結した。

 およそ1年半にわたって紡がれてきた,この壮大な物語はひとまずの着地を迎えたが,第1.5部,さらにそれに続く第2部の制作が発表されたことで,プレイヤーはいまだ冷めやらぬ熱狂の中にいる。  

Posted by mikadzuki at 13:51Comments(0)TrackBack(0)

2017年02月13日

「BlackWidow Chroma V2」

2017年2月13日,Razerは,ゲーマー向けキーボード「Razer BlackWidow Chroma V2」(レイザー ブラックウィドウ クローマ V2,以下 BlackWidow Chroma v2)の日本語配列モデルと英語配列モデルを,2月18日に国内発売すると発表した。メーカー想定売価はいずれも2万3000円(税別)なので,単純計算した税込価格は2万4840円となる。

BlackWidow Chroma v2の日本語配列モデル。写真は付属リストレストを取り付けた状態だ
Razer

 BlackWidow Chroma v2は,「Razer BlackWidow Chroma」(以下,BlackWidow Chroma)のマイナーチェンジモデルで,リストレストが標準で付属するのと,従来から採用しているキースイッチ「Razer Green switch」「Razer Orange switch」とは別に,高速入力が可能とされる新型スイッチ「Razer Yellow switch」も採用し,3モデル展開になったのが大きな特徴だ。ただし,今回国内発売となるのはRazer Green switch搭載モデルだけで,残る2つのキースイッチを採用したモデルの国内市場投入は未定だという。
  

Posted by mikadzuki at 14:08Comments(0)TrackBack(0)

2017年01月11日

「ARKS NEW YEAR CARNIVAL 2017」

セガゲームスは本日(2017年1月11日),オンラインRPG「ファンタシースターオンライン2」(PC / PlayStation 4 / PlayStation Vita)の新春記念アップデート「ARKS NEW YEAR CARNIVAL 2017」Part1を実施する。

PSO2 | ファンタシースターオンライン2

 今回のアップデートでは,さまざまな報酬が獲得できるWEB連動イベントをはじめ,月面基地をモチーフとした新チームルーム,新たな和風武器シリーズ,さまざまなイベントが予定されている。
 また,ドラゴンを連想させる戦闘服を含む新スクラッチ「スターシップワルキューレ」のラインナップも明らかになっているので,さっそくチェックしておこう。
  

Posted by mikadzuki at 17:15Comments(0)TrackBack(0)

2016年12月09日

「Dead Rising 4」

 2016年12月8日,日本マイクロソフトから人気ゾンビパラダイスアクションシリーズの最新作「Dead Rising 4」(PC / Xbox One)が発売された。
 ゾンビだらけのショッピングモールが世界一似合う男,フランク=ウェストが主人公に返り咲き。しかも,舞台は第1作と同じくコロラド州ウィラメッテの街というのだから,シリーズファンにはたまらないはず。そんな本作のプレイレポートを掲載する。
  

Posted by mikadzuki at 13:59Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月03日

喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~

 スパイク・チュンソフトは本日(2016年11月2日),PS Vita用ソフト「喧嘩番長 乙女~完全無欠のマイハニー~」の開発を行うと発表した。発売日と価格は,未定。



 本作は,双子の兄の代わりに,男装してヤンキー高校「獅子吼学園」に通うことになった主人公と,獅子吼学園で出会う一癖も二癖もあるヤンキー達の恋と友情を描いた,女性向け恋愛ADV「喧嘩番長 乙女」のファンディスクだ。
  

Posted by mikadzuki at 19:14Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月30日

「レインボーシックス シージ」

 ユービーアイソフトから発売中のオンラインFPS,「レインボーシックス シージ」(PC/PlayStation 4/Xbox One)。発売は2015年12月で,割と前なのだが,7年ぶりのシリーズ復活を果たした本作は,思い切ったストーリー性の排除やシビアなバランスで原点回帰ともいえる作品に生まれ変わり,ゲーマーの話題になった。

レインボーシックス シージ
「レインボーシックス シージ」公式サイト
 聞くところによると,発売から1年が経とうという現在もなお,じわじわ売れ続ける順調なセールスを記録しているという。「初速が最も重要」と言われるゲームビジネスにおいて,これはなかなか見逃せない現象だろう。おなじみのメタスコアにおけるメディアの評価は,必ずしも「ぶっちぎりでいい!」というわけではないのだが,プレイヤーの評価は高い。いろいろなゲーム大会の正式競技として採用される,という動きも聞こえてくるし,2016年11月3日に秋葉原で開催されるイベント「UBIDAY 2016」でも,日本のトッププレイヤーチームによるショウマッチが行われるので必見だ。また試遊台も並ぶとのことなので,チャンスがあれば立ち寄ってみよう(関連記事)。  

Posted by mikadzuki at 16:36Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月27日

「めがみのおしごと」

カプコンは本日(2016年10月27日),同社が12月8日に発売を予定しているニンテンドー3DS用“おしゃべりコミュニケーション”ゲームこと「めがみめぐり」の最新情報を公開した。
 すごろくの要領でツクモと一緒に旅をしていく本作(関連記事)。今回は,旅の途中でアマテラスから出されるという「めがみのおしごと」の情報が明らかになっている。「指定された駅に行く」など,(アマテラスの選ぶ)絵馬に書かれた目的を達成して,そのご褒美としてツクモが成長させられるというシステムだ。
  

Posted by mikadzuki at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月19日

冷戦期のスパイ活動がテーマ

 最小限のコンポーネントに,最小限のゲームギミックで,面白いゲームを作るというのは,しばしば日本のボードゲームデザインの特徴と言われている。だが,それは必ずしも日本のデザイナーだけのもの,というわけではない。

 「Undercover」は,たった22枚のタイル(+勝利得点トラック)を使ってプレイする作品だ。ゲームのメカニクスとしても,タイルを山から引いて場に付け足したり,場にあるタイルを別の場所に移動させたりするだけの,実にシンプルなゲームである。だが冷戦期のスパイ活動をモチーフとしたこの作品は,見た目に反し,かなり「詰まった」ゲームになっている。  

Posted by mikadzuki at 14:55Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月12日

「アカシックリコード」

2016年10月12日,スクウェア・エニックスは,2016年内に配信を予定しているスマートフォン向けRPG「アカシックリコード」(iOS / Android)の公式サイトで,新たなプロモーションムービーを公開した。

『アカシックリコード』PV
Clik to PlayClik to Play


 今回のPVには,作品の世界観や,杉田智和さん,花江夏樹さん,上坂すみれさんら豪華声優陣が演じるキャラクターとセリフ,戦闘シーンなどが,たっぷりと収録されている。さらに,ロックバンド「THE ORAL CIGARETTES」が歌うゲームの主題歌「CATCH ME」も試聴可能だ。

 また,Twitterフォロー&リツイートキャンペーンの第3弾が,10月25日まで実施されている。これは,本作の公式Twitterアカウントをフォローして,対象ツイートをリツイートすると,アカシックリコードでキャラクターを演じた声優のサイン色紙を,抽選で8名にプレゼントするというもの。第3弾は,日笠陽子さん,桑原由気さん,小松未可子さん,下屋則子さんだ。
  

Posted by mikadzuki at 14:46Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月05日

「Lineage Red Knights」

2016年10月4日,NCSOFTは,中国のAlpha Groupと,スマートフォン向け新作ゲーム「Lineage Red Knights」の中国展開に関するパブリッシング契約を締結したことを発表した。なお,韓国では10月中に事前予約の受付を開始して,2016年内に配信する予定とのこと。中国でのサービススケジュールは,後日公開される見込みだ。

 Lineage Red Knightsは,NCSOFTの代表作に挙げられるPC向けMMORPG「Lineage」のキャラクターや世界観を継承しつつ,独創的に再解釈したタイトルだ。原作が持つ膨大なコンテンツや,シリーズでおなじみの「血盟」を再現したコミュニティシステムなどを搭載するという。
 また,NCSOFTの関係者にコメントを求めたところ,ゲームのサービスを皮切りに,アニメや漫画,玩具など,さまざまなメディアで展開していくことを明かしてくれた。  

Posted by mikadzuki at 18:06Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月29日

「RPGツクール フェス」

角川ゲームスは本日(2016年9月29日),同社が11月24日に発売を予定しているニンテンドー3DS用ソフト「RPGツクール フェス」の最新情報を公開した。

 プログラムなどの知識がなくても,ニンテンドー3DSを使用していつでもどこでも,簡単にオリジナルRPGが作れるという本作。今回届いた情報によれば,RPGツクール フェスはSDカードに対応するため,最高16個のゲームを保存できるという。複数のRPGを同時に制作できるというわけだ。

 また今回は,さまざまな場所で設定できる変数の扱いや,ニンテンドーeショップにて無料で配信される“遊ぶ側”のソフト「RPGツクール フェス プレイヤー」の概要も公開された。同プレイヤーを使えば,アップロードしたゲームを何タイトルでも無料でプレイできるという。  

Posted by mikadzuki at 17:44Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月10日

マーゴット・ロビー、ハーレイ・クインの役作りに“ポッタリアン

 [映画.com ニュース] 「ウルフ・オブ・ウォールストリート」「ターザン:REBORN」のマーゴット・ロビーが、DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを演じた出演作「スーサイド・スクワッド」を引っさげて来日し、映画.comのインタビューに答えた。

 バットマンの宿敵ジョーカー(ジャレッド・レト)の恋人ハーレイ・クインや、百発百中の狙撃手デッドショット(ウィル・スミス)ら、バットマンたちによって投獄された凶悪犯罪者たちが、減刑と引き換えに政府公認の特殊部隊“スーサイド・スクワッド”を結成し、命の保障のない危険なミッションに挑むさまを描く。全米では3週連続で週末興行収入ランキング1位を飾り、世界興行収入は6億4000万ドルを突破するなどヒット街道をばく進中だ。

 8月25日に行われたジャパンプレミアにはハーレイ・クインやジョーカーのコスプレで参加する熱狂的ファンも多く見られるなど、世界的なブームとなっている。ロビーは「キャスティングされたときは共演メンバーもまったく決まっていなかったし、脚本もなかったの。こんなことになるとは思っていなかったわ。すっごくエキサイティング!」と興奮を隠さない。

 ハーレイ・クインを主要キャラクターに据えたスピンオフ企画も進行しており、ロビー=ハーレイ・クインが世界中のファンに受け入れられた証といえるが、演じるに当たってはとにかく「ファンのみんなの気持ちに見合う」ことを心がけたという。「ファンのみんなが、ハーレイのどういう部分が好きかをしっかり押さえないといけない。だから、役が決まって最初にネットのファンフォーラムに参加したの」というから、そのこだわりは筋金入りだ。

 なぜ、そこまでファンの気持ちに寄り添えるのか。「私は『ハリー・ポッター』が大好きで、映画化されると聞いたときに、自分がこれだけ大好きなキャラクターをしっかり演じてほしい、映画化してほしいという思いがいちファンとしてあったのよ。監督やキャストは、見事に私たちファンの気持ちに見合うだけの作品を作ってくれたと思う。ハーレイを演じるに当たって、同じことをしなくてはいけないと思ったの」と“ポッタリアン”としての経験を交えて振り返る。

 役者である前に1人のファン。作品を大切に思う気持ちに共感するがゆえに、ファンと真摯に向き合い、役作りへの糧とした。ロビーは「調べてみて、ハーレイの何があっても変わらないユーモア、クレイジーさ、ジョーカーに対する献身的な愛をみんなが支持しているとわかったの。最初は、なんでジョーカーみたいな男をこんなに好きなんだろう、と理解するのに苦労したのだけれど、あるとき『だからこそ彼女は人間的なんだ!』とはっと気づいたのよ。(ジョーカーへの愛が)彼女の弱みだからこそ共感を生み、みんなに愛されているんだ、とね」とほほ笑む。「完全なキャラクターよりも、欠陥があるほうが応援したくなるものでしょ? 結果的に、私自身も演じてみてそこがハーレイの1番好きなところになったの。ジョーカーはハーレイにとっての“クリプトナイト”(スーパーマンの弱点である鉱物)でもあるのね」と小粋な言い回しでDCファンぶりをのぞかせる。

 だからこそ、サンディエゴ・コミコン・インターナショナルでの歓迎ぶりには目を奪われたという。「コミコンに参加したとき、女性だけじゃなくてひげづらの男の人もハーレイの格好をしていて、それが何よりも私を幸せにしてくれた。すごく励まされたわ。自分が演じたキャラクターが、性別関わらずコスプレしたいと愛着を持ってもらえる。男性も小さな女の子も同じようにハーレイの格好をしていると『やるわね!』ってすごくうれしい」と感慨深げに語った。

 「スーサイド・スクワッド」は、9月10日から全国公開。

映画.com  

Posted by mikadzuki at 13:42Comments(0)TrackBack(0)